癒しの参拝と御朱印紀行2

tamalotus2.exblog.jp

神社お寺、御朱印を気ままに紹介しています。社寺の庭園植栽を観ていると癒されます。

慈眼山 観福寺  埼玉県行田市

埼玉県行田市にある慈眼山真南院観福寺に参拝しました。
慈眼山観福寺は、行田市の北西部、県道362号沿いにあります。
境内横に駐車場があります。

観福寺には、国指定史跡の「南河原石塔婆」があります。

宗旨宗派 高野山真言宗
本尊   聖観世音菩薩

行田十五ヶ寺救済菩薩霊場 第六番札所

慈眼山観福寺は、室町時代の創建と伝えられますが、詳細については
定かではありません。

御朱印
札所本尊は弁財天です。(専用納経帳)
e0342205_1144474.jpg

汎用の御朱印帳には、本尊の御朱印をいただきました。
e0342205_1172778.jpg

山門
e0342205_1201193.jpg

扁額
e0342205_1203511.jpg

鐘楼
e0342205_1214869.jpg

本堂
e0342205_1225094.jpg

扁額
e0342205_1231830.jpg

護摩堂
e0342205_1241183.jpg

本堂左に弁財天が祀られています。(水かけ弁財天)
e0342205_126773.jpg

弘法大師像
e0342205_128657.jpg

六地蔵が刻まれた石幢
e0342205_1321713.jpg


「南河原石塔婆」の由緒を紹介します。(由緒書きより)
 観福寺境内に所在する二基の大型板碑は、江戸時代後期に
松平定信が編集した「集古十種」や江戸幕府が編纂した「新編武蔵
風土記稿」などにも紹介され、古くから人々に知られていた。
これらの板碑については、当地出身の武蔵武士で、源平争乱の際
に摂津国生田の森(兵庫県神戸市中央区)の合戦で討死した
河原太郎高直・同次郎忠家(平家物語では盛直)兄弟の供養塔
であるとの伝承があるが、真偽は不詳である。
(後略)

板碑は覆い屋の中にあります。
e0342205_1474324.jpg

二基の板碑、この板碑は大きいです。
左には文応二年(1261)銘、右には文永二年(1265)銘。
e0342205_1505270.jpg


所在地 埼玉県行田市南河原1500-1
by tamasimanohasu2 | 2017-05-26 02:02 | 埼玉県の寺院 | Comments(0)

神社お寺、御朱印を気ままに紹介しています。社寺の庭園植栽を観ていると癒されます。


by 玉島